お肉の映画で知る美味しさの秘密とは


食材の多くは調理する事で味や風味が変わってきますが、中には食材の味にあまり干渉できない物が存在しておりその一つとしてお肉が挙げられます。
特にお肉の脂肪と赤身のバランスに関しては料理の味に大きく作用する影響力を持っているにも関わらず、出荷された物に関してはそれらに干渉する事は難しくなっています。
なので食材の調理方法や保存方法が調理者の腕の見せ所であり、それをドキュメンタリーとして映画コンテンツで配信している会社が現れるようになりました。
この映画では世界中のお肉の調理方法や食べ方等を体験するというコンセプトでシーンの中でお肉が登場しない事はないと言われている程多くの種類が紹介されています。
提供しているレストランによっては仕入れたお肉を少しねかせてから調理に使うという所もあれば、仕入れるお肉の赤身の割合に拘りを持っている所もあるという点を交えて食材の様々な魅力を解説する映画になっています。
コンテンツのコンセプトや内容の充実度も相まって業務用の肉を調達する時の参考に見る方も多く、一種の食材説明書としても閲覧できる程のクオリティになっています。
映画で訪れた国は合計20にも及び、訪れたステーキハウスに関しては200を超えているのでこれ以上ない実体験による解説書としての意味合いも含まれています。
コンテンツ内容の評価に関しては映画関係者よりも世界中の美食家からの評価が高いという状況になっており、合わせて国際的なコンテンツの発表会で部門賞を獲得するという珍しい経歴も併せて結果的に多くの人に評価される事になりました。
特に美味しい食材はどのようにして作られるのかという点には多くの食材販売者も注目しており、コンテンツ作成のために行った取材は2年間にも及び最終的には40時間分のフィルムができあがるという事態にまで発展しました。
取材を行った監督の食材や映像コンテンツの原点に返り作成に当たったという発言は多くの人からの注目を浴びる事になり、自分自身も疑問に思っている食材の原点を解明するという魅せ方は消費者目線で非常にわかりやすく編集されています。
この様に多くのお肉という食材に関係のある人に対して取材を行っており、疑問についても一つ一つ冷静に分析され食材の旨味に関する秘密を解き明かす意味でもお肉料理を提供しているレストラン関係者含め、あの脂肪と赤身の美味しさ溢れる食材のファンはこの映画を必ず見る事をお勧めします。

コメントを残す