岡山県のブランド肉について


全国の各都道府県には少なくとも1つは高級ブランド牛があり、血統やエサ、飼育環境などにこだわり、美味しいお肉を消費者に提供しています。岡山県も例外ではなく、ブランド牛として「千屋牛」や「つやま和牛」などが知られています。特に、千屋牛は伝統あるブランド牛で、松坂牛や神戸牛、近江牛といった日本を代表するブランド牛のルーツとも言われているほどです。知名度が松坂牛などに比べると低い理由は、小規模生産で出荷数が少ないことが理由とされています。

さて、岡山を代表するブランド牛の千屋牛やつやま和牛は、中国山地の豊かな自然の中で飼育されます。中国山地の美味しい水と空気でストレスのない環境で育ち、また、衛生的な牛舎で良質なエサが与えられます。エサへのこだわりについては、千屋牛は安全性の高い指定配合飼料と牧草や稲わらが使用され、つやま和牛では地元津山で収穫した小麦のふすまや米、ビール粕などが使用されます。このように、抜群の環境とエサで育てられているため、どちらも綺麗な霜降りと柔らかい肉質が特徴です。なお、これらのブランド牛を取り寄せるためには、千屋牛の場合は「千屋牛振興会」、つやま和牛の場合は「つやま和牛振興協議会」がそれぞれ指定する販売店を利用するのが最も確実な方法です。インターネット通販で販売している店舗を利用すれば、全国のどこからでも取り寄せることができます。

また、岡山県のお肉のブランドとして有名なものに、「ピーチポーク」という豚肉が挙げられます。ちなみに、ピーチポークの由来は岡山を象徴する桃太郎にあるようです。ピーチポークは徹底的に衛生管理された環境で育てられるため、SPF豚(Specific Pathogen Free)という特定の病原菌を持たない種類に指定されています。このお肉の特徴は、衛生的に飼育されていることから豚肉特有の臭みがほとんどなく、アクが少ないことが挙げられます。また、筋肉内の脂肪量が多い特徴があるため、赤みも柔らかくジューシー、おまけに脂肪は白くあっさりしています。こうした特徴から、全国的にも知名度が高いブランド豚となっています。この他にも、岡山には鹿児島黒豚を改良したと言われる「おかやま黒豚」などのブランドポークも見られます。これらの商品を購入するには、JAが運営するECサイトを利用するのが最も一般的です。

このように、岡山にはさまざまなブランド牛やブランド豚が見られます。ステーキや焼肉、しゃぶしゃぶなどの王道の料理でうまみを存分に楽しむことをおすすめします。

コメントを残す