専ら音読みで読まれる肉の保存方法


肉という漢字は、音読みであるニクと読まれることが、ほとんどです。昔の日本は、肉を食べる習慣に馴染みがなかったため古来から日本人の間で使われていた訓読みに馴染みがなく、もっぱら音読みで読まれる言葉ばかりが定着したと考えられます。訓読みで肉という字はシシと読むことができますが、このことからイノシシを食べる習慣は、日本でも昔から定着していたことが分かります。近頃は、若い女性などの間でも肉ブームなどが到来して、すっかり定着して飲食店でも人気がある肉料理ですが、食材の取り扱いには充分に注意を払う必要があります。

肉類は、食中毒を引き起こす原因となってしまいやすいので取り扱いには充分に注意をすることが必要になります。傷みやすいという事実を調理を担当するスタッフに充分に認識させておく必要があります。冷凍庫や、冷蔵庫で保管するのが基本で、使うときだけ冷凍庫や、冷蔵庫から取り出すようにする必要があります。良い方法として挙げられるのが、1食分をラップや、ビニール袋で包んでおいて、オーダーが入った人数分だけを取り出すことができて、すぐ使うことができるように準備をしておくことになります。自然解凍は室温に長い時間さらすことになるので、鮮度が損なわれてしまうため避けるようにする必要があります。そして、一旦解凍してしまったものを、もう一度冷凍して使うのも、避ける必要があります。そして、違う食材と調理器具を使い分けることも重要となります。まな板や、包丁を肉を切る専用のものとし、使った後は消毒や、殺菌をすることによって安全に切ったり、料理したりすることが可能となります。そして、熱を加えることによって菌が増殖するのを防止するだけでなく、菌が活動できなくなる状態にすることができるため、しっかりと熱を加えることも必要になります。美味しい肉を仕入れるためには、食らぶ市場などの、業務用の食材を通信販売で購入することができるウェブサイトを上手く活用するのも良い方法の1つとなります。

肉や、魚介類、野菜などの食材の取り扱い方により香りや、味、鮮度が変わってきてしまう非常に繊細なものになります。食品は可能な限り望ましい方法で保管することを積極的に実践するようにして、より一層美味しい料理をお客様に提供できるような状況を整えておく必要があります。

コメントを残す