肉料理をオーブンで作る


オーブンは持っているけど、たまにスイーツを作るぐらいという人は少なくありません。オーブンを活用して肉料理をすることで、レパートリーは大きく広がります。見た目も豪華なので、お客さんが来たときにも向いています。ガスを使わないため、複数の料理を作るときにも作業がスムーズにはかどるにちがいありません。
普段フライパンを使って作っている料理は、ほとんどオーブンで作ることができます。たとえはハンバーグなどもそうです。ハンバーグを普通に作ってそのまま放り込むだけです。機種にもよりますが、高温で20分ほどで焼き、後は余熱を利用しておいておきます。半生かどうかを心配する必要はほとんどありません。フライパンだと下からだけの加熱ですが、オーブンだと全方面から熱を加えることができます。水分を保ちながら加熱するため、おいしさを閉じ込めて加熱することが可能です。他にも豚肉や鶏肉を野菜などと一緒に入れて焼くだけで、立派なメインディッシュができます。肉は下味をつけても、塩コショウだけでもかまいません。付け合わせも一緒に作れるのは嬉しいことではないでしょうか。また温度が適温であれば焦げる心配がいりません。ほったらかしで良いので、他の作業をすることができます。複数の料理を作るときなどにも、もってこいです。その分ガスレンジをフル活用することができます。空いたガスレンジで煮物や炒め物を作ることができるでしょう。オーブンで焼くことは肉だけでなく、野菜のうまみも充分に引き出すことができます。野菜の繊維を崩さずに水分を保つため、うまみが凝縮されます。塩を振っただけで立派な一品になるはずです。
パーティーやお祝いにはチキンの丸焼きは華やかです。チキンの丸焼きは意外に簡単で、ただそのままオーブンで焼くだけです。好みに応じてあらかじめスパイスに付け込んだり、照り焼き風のたれを塗ったりしてもおいしくいただけます。チキンは火の通りに時間がかかるため、じっくり火を通しましょう。チキンと一緒にジャガイモやニンジンなどを並べることもできます。どんな肉料理も室温に戻してから加熱した方がおいしくなります。冷蔵庫から早めに出しておきましょう。肉料理を作ったあとは、忘れずにお掃除をしましょう。肉の油が庫内にはねていることがあるからです。庫内が熱いうちに濡れたタオルでふき取るだけできれいになります。時間が経つとタンパク質が固まり、汚れが中々落ちません。

コメントを残す