肉を使ったおかずで集客力を高める


肉を使ったおかずには、主にビーフを使ったおかずや、ポークを使ったおかず、チキンを使ったおかずなどがありますが、いずれの場合も、ビーフは和牛、ポークは鹿児島県産の黒豚、チキンは名古屋コーチンなどといったブランド化が進められています。そして、ビーフについてはA5ランクなど、格付けがされているというのも特徴的になります。飲食店のコンセプトを分かりやすいようにアピールして、集客力を高める方法として挙げられるは、前面的に料理の名前に肉の格付けや、ブランド名を謳うというのがポイントとなります。格付けが高いランクのものや、知名度が高いブランドのものになると、仕入れるためにお金がかかることになりますが、お客様に高級な食材を使っているという認識を広げることができます。ですので、安い料金設定で高級な食材のおかずを提供することによって、集客をするというのが1つのポイントとなります。仕入れにかかる費用を抑えつつも肉を大量に仕入れる方法として挙げられるのは、流通ルートをできるだけ簡略化させて、食らぶ市場を利用して仕入れるというのも良い方法の1つとなります。

ブランドではなく肉の格付けだけにこだわって仕入れてみる方法もあります。例えばA5ランクの肉にこだわるのであれば、最もその時期に仕入れる価格が安く抑えられるA5ランクのブランド肉を仕入れるというのも、おすすめできる方法の1つとなります。1年間を通して仕入れにかかる費用を抑えることができるだけでなく、お客様にとっては、色々なA5ランクのブランドの肉を食べることができることをアピールすることができます。

肉を使ったおかずは、ビーフや、ポーク、チキンだけでなく、マトンや、ラム、鴨などといった食材も注目されていて、火を通してあるものが中心となります。切り分けるときに頻繁に端材が発生することがありますが、このような端材もミンチ状に加工すれば、肉団子や、つみれ、ハンバーグなどの食材として使うことができ、メニューのバリエーションを豊富にすることが可能となります。食材を賢く利用して食品ロスを抑えるのが良い方法の1つとなります。また、メニューに彩を添えるために、野菜を上手く取り入れることによって、見栄えが良くなるだけでなく、お互いの味に奥行きを加えることができるようになります。

コメントを残す